本文へスキップ

電話でのお問い合わせは
TEL.072-965-7788

セミナー一覧seminar list

参加申し込みは info@wellness-miwa.jp までお願いいたします。
受講費のお支払いは銀行振り込みにさせて頂いております。
振り込みが困難であり、当日支払いの方は別途料金が発生いたします。 会場にて現金でお支払い下さい。

2018年5月27日 (日)    10:00 ~ 16:30
テーマ:「膝関節疾患における評価と治療 ~基礎的な知識から評価スキルをアップする~」

 講師:光田尚代先生(医療法人寿山会 喜馬病院 リハビリテーション部)

受付時間: 09:30
料金: 8,000円 (当日支払い9,000円 会場にて現金でお支払いください。)
※振込確認メールを受信されていない方は、当日振込領収書をご持参下さい。
会場: ウェルネス教育研修センター
講師: 光田尚代先生(医療法人寿山会 喜馬病院 リハビリテーション部)
セミナー内容:

膝関節疾患は罹患患者も非常に多く、リハビリテーションの対象として重要な疾患の一つです。しかしながら、病態や症状も多様であるため、治療的アプローチに難渋するケースも見られます。また、膝関節の問題は膝関節疾患のみならず、高齢者、脳卒中片麻痺患者などにおいても膝関節の可動域制限や膝関節周囲筋の筋力低下により、正常な立ち上がり動作や歩行動作が阻害されていることも多く見受けられます。

膝関節における問題を明確にするには、セラピストとして基礎的な知識を得たうえで、実際に膝関節の動きをみて、触れて感じて、しっかりと評価を行うことが大切であると思います。膝を診る評価スキルを獲得し、問題点を明確にしていくことが、膝関節疾患患者に対する個々に適した運動療法の展開にもつながり、治療効果の向上、しいてはADL・QOLの向上にも期待が持てるのではないでしょうか。

今回の研修会では膝関節の基礎的な解剖学・運動学をはじめ、膝関節の運動療法に関するエビデンスを紹介し、膝関節の評価と膝関節の可動域や筋力を改善する運動療法の実技練習を交えながら、膝関節への理解を深められる機会になればと思います。
膝関節疾患における日々の臨床での疑問解決のヒントとなるよう、また明日からの臨床に活かせられる有意義な一日にしたいと思います。



2018年6月17日 (日)    10:00 ~ 16:00
テーマ:「立ち上がり動作、歩行動作の動作分析」

 講師:鈴木俊明先生(関西医療大学大学院 研究副科長)

受付時間: 09:30
料金: 8,000円 (当日支払い9,000円 会場にて現金でお支払いください。)
※振込確認メールを受信されていない方は、当日振込領収書をご持参下さい。
会場: ウェルネス教育研修センター
講師: 鈴木俊明先生(関西医療大学大学院 研究副科長)
セミナー内容:

リハビリテーションの場面において、立ち上がりや歩行に問題を抱える患者さんは多く、アプローチの機会が多くある動作です。
また、患者さんからのニーズも非常に高い動作であり、セラピストとしてその理解は必須になります。
しかし、疾患によってもさまざまな動作パターンを呈し、その評価・治療に悩むことも多いのではないでしょうか?
今回はその立ち上がり動作と歩行動作についても数多くのエビデンスをお持ちの鈴木俊明先生をお招きし、それぞれの動作の特徴や問題点の考え方について、ご教授いただきます。
正常な立ち上がりとはどのような方法なのか、それぞれの関節はどのタイミングでどのように動くのか、詳細に理解できるセミナーとなっております。
また、歩行のそれぞれのタイミングで必要な関節運動や筋機能を、エビデンスをもって運動学的に解釈し、とらえることができるようになる内容となっております。
それぞれの動作での重要な関節運動やそのタイミングを理解することで、患者さんの立ち上がり・歩行動作を細かく分析できるようになります。
この分析能力は、動作を困難としている問題点を明確にすることができ、治療方針を正しく設定することに非常に役に立ちます。
さまざまな動きを呈する立ち上がり・歩行動作だからこそ正常動作の理解をより必要とし、動作分析能力が重要になります。
これらを学ぶことで明日からの臨床成績向上に直結するセミナーとなっております。
実技やディスカッションも多く交えながら、動作分析が苦手な方にも分かりやすく理解できる内容でご講義いただきます。



2018年6月24日 (日)    10:00 ~ 16:30
テーマ:「病院・施設での転倒予防~セラピストができること~」

 講師:福田 圭志先生(喜馬病院 リハビリテーション部 理学療法士)

受付時間: 09:30
料金: 8,000円 (当日支払い9,000円 会場にて現金でお支払いください。)
※振込確認メールを受信されていない方は、当日振込領収書をご持参下さい。
会場: ウェルネス教育研修センター
講師: 福田 圭志先生(喜馬病院 リハビリテーション部 理学療法士)
セミナー内容:

65歳以上の高齢者では、3人に1人が1年間に1回以上転倒するとされています。病院や施設の入院・入居者の割合としても高齢者が多く、施設入居高齢者では転倒発生率が約30%にも上るといった報告もあります。高齢化が進み介護が必要な高齢者の方々が増加してきている近年、少しでも転倒につながるケースを防ぎ、・利用者様が住み慣れた地域で自分らしく、生きがいや役割をもって生活できるよう私たちが支援していく必要があると考えます。
実際の現場では、「ADLを上げたいけど転倒の危険性があり、なかなかADLを上げられない」、「ベッドサイドの環境設定に困っている」、「ご自宅に帰られてから家事をひとりで行って転倒するかも」「危険行動があって」「認知症があるから」など悩みは尽きないと思います。また、患者様・利用者様が在宅生活を行っていくうえで、ADLと転倒予防は切っては切り離せない関係にあると思います。打ちどころが悪ければ骨折、要介護状態につながってしまう患者様・利用者様の転倒を私たちの手で減らしていければと思います。
当研修会では、病院・施設に入院・入所される患者様の施設内での生活や在宅復帰以降における転倒の予防について、疾患ごとの特徴に触れながら、臨床に近いところにより焦点を絞り、講義していきたいと思います。疾患の特徴により、転倒の危険性の高い患者様・利用者様、実際に転倒してしまった患者様・利用者様に対して、リハビリや生活を支える立場から、私たちにできることは何かを皆様と一緒に考えていきたいと思います。本研修会を通じて、参加者される皆様が関わる全ての患者様・利用者様の転倒を減らし、その結果、その方々ができるだけ長く住みたいところで生活することができれば大変うれしく思います。皆様のご参加を心よりお待ちしております。



2018年7月8日 (日)    10:00 ~ 16:00
テーマ:「体幹機能評価 ー解剖学、運動学で考えるー」

 講師:鈴木俊明先生(関西医療大学大学院 研究副科長)

受付時間: 09:30
料金: 8,000円 (当日支払い9,000円 会場にて現金でお支払いください。)
※振込確認メールを受信されていない方は、当日振込領収書をご持参下さい。
会場: ウェルネス教育研修センター
講師: 鈴木俊明先生(関西医療大学大学院 研究副科長)
セミナー内容:

体幹は四肢いずれの運動においても土台として重要な役割を果たし、動作の安定性やスムーズな動作遂行において非常に重要になります。
しかし、体幹は大まかな評価にとどまることが多く、詳細な評価が難しい部位でもあります。
みなさんは体幹のアプローチについて悩んだことはないでしょうか?
また、体幹の機能について詳細に説明できるでしょうか?
体幹機能を高めることは、下肢や上肢の良好な反応を引き出すことにつながります。
今回講義をいただきます鈴木俊明先生は、体幹に関しても数多くの研究を実施されており、数多くの知見をお持ちです。
今回のセミナーでは筋電図のデータ等を交えながら、それぞれの筋の役割の違いをどのようにとらえるか、臨床的にどのような評価・治療が効果的か実技を交えてご講義いただきます。
より臨床的で明確な治療戦略を立てるために役立てるセミナーとなっております。
また、解剖学的な特徴も学ぶことができ、根拠をもって治療を実施できるようになれる内容となっております。
脳血管疾患患者の体幹機能で悩んでいる方、体幹の運動について詳細に理解したいと考えている方、根拠をもって治療を進めていきたいと考えている方、にはおすすめのセミナーとなっております。
数多くの知見をお持ちである鈴木俊明先生から、より具体的で明確な体幹の評価・治療を学び、明日からの臨床に役立てましょう!



2018年8月19日 (日)    10:00 ~ 16:30
テーマ:「:「肩甲骨の安定性」を根拠をもって考える〜研究データや筋電図データからの検討〜」

 講師:井尻朋人先生(喜馬病院 リハビリテーション部 部長/理学療法士)

受付時間: 09:30
料金: 8,000円 (当日支払い9,000円 会場にて現金でお支払いください。)
※振込確認メールを受信されていない方は、当日振込領収書をご持参下さい。
会場: ウェルネス教育研修センター
講師: 井尻朋人先生(喜馬病院 リハビリテーション部 部長/理学療法士)
セミナー内容:

肩関節は複数の関節によって構成されており、肩甲胸郭関節は非常に重要な関節と知られています。肩関節のリハビリテーションを行う際、肩甲骨周囲の問題を評価していくことは必須です。しかし、肩甲骨周囲筋の特徴や肩甲骨運動の詳細な理解など、あいまいになっている部分も多いのではないでしょうか?

また、臨床の場面でよく聞かれる「肩甲骨の安定性」とはどういうことなのでしょうか?

これらの疑問に出して明確に答えを出せるセラピストはなかなか多くないのが現状です。このように、肩甲骨の役割や機能は肩関節の中でも重要になりますが、曖昧なままリハビリテーションを行ってしまっていることが多々あると感じます。

あなたはどうでしょうか。

本研修会では、私が過去に行ってきた研究データなどを元に曖昧になりやすい項目を解決していきます。動作中に肩甲骨周囲筋はすべての筋活動が必要か、肩甲骨周囲筋を鍛えるとどのような変化が起こるのか、などの今まで曖昧にしてきた疑問を解決することができます。また、実技やワークも多く実施し、臨床での活用へ直結させます。インピンジメント患者や肩関節周囲炎患者、スポーツ選手など、様々な疾患への治療効果の向上を目指しましょう!!



shop info研修事業情報

ウェルネス教育研修センター

株式会社 三輪 研修事業部
〒578-0941
大阪府東大阪市岩田町4丁目3-39
研修会場はこちらをご覧ください。

弊社 キラリ鍼灸マッサージ院内
研修事業部事務局

TEL.072-965-7788