本文へスキップ

電話でのお問い合わせは
TEL.072-965-7788

セミナー一覧seminar list

参加申し込みは info@wellness-miwa.jp までお願いいたします。
お支払いは当日会場にて現金でお支払いください。

2017年7月11日 (火)    19:00 ~ 21:00
テーマ:「高齢者の骨盤底機能不全と尿失禁」

 講師:梅本 梨花先生(喜馬病院 リハビリテーション部 / 介護老人保健施設ヴァンベール 理学療法士)

受付時間: 18:30 料金: 100円
会場: ウェルネス教育研修センター
講師: 梅本 梨花先生(喜馬病院 リハビリテーション部 / 介護老人保健施設ヴァンベール 理学療法士)
セミナー内容:

近年高齢化社会の急速な到来に伴い、高齢者の問題点は各方面で取り上げられています。
高齢社会の健康問題として、排泄ケアは加齢によって衰えていく日常生活動作の中でも頻回に行われる基本ケアの中軸をなすものです。
中でも、高齢者における尿失禁の頻度は極めて高く、我が国では60 歳以上の高齢者の50%以上に尿失禁があると報告されています。
排泄の自立は尊厳の保持とプライバシーに配慮すべき重要な位置づけをもち、尿失禁は直接生命にかかわることが少ないものの介護・看護を受ける本人のみならず、介護者のQOLまでも脅かす疾患です。精神的な苦痛や日常生活での活動性低下をもたらすものの、実際には排泄機能に関する知識や関心の不足、あるいは各専門職での連携が不十分であり、適切な治療機会が失われてしまうことが少なくない状況にあります。
そこで、今回のセミナーでは骨盤底機能を治療するにあたって必要となる基礎知識や骨盤底筋群の脆弱化により惹起される尿失禁に着目してお話しさせていただきます。
具体的な内容としまして、
1)骨盤底機能や排尿機能の基礎知識
2)尿失禁の分類
3)具体的な評価方法
4)症例紹介を交えた治療アプローチ
上記についてお話しさせていただきます。



2017年7月25日 (火)    19:00 ~ 21:00
テーマ:「誤嚥性肺炎予防と嚥下病態の評価~頸部聴診法を中心に~」

 講師:横山 有紀子先生(喜馬病院 リハビリテーション部)

受付時間: 18:30 料金: 100円
会場: ウェルネス教育研修センター
講師: 横山 有紀子先生(喜馬病院 リハビリテーション部)
セミナー内容:

厚生労働省が発表した2015年の人口動態統計では、肺炎は死亡原因の3位であり、94%以上が75歳以上の高齢者となっています。また、高齢者の肺炎の70%以上が誤嚥に関係していると言われています。誤嚥性肺炎は再発を繰り返す特徴があり、それにより耐性菌が発生し、抗菌薬治療に抵抗性をもち、治療が困難となってしまいます。私も臨床場面において誤嚥性肺炎を繰り返す患者様、利用者様に接することが多いと実感しております。
誤嚥性肺炎を予防するには誤嚥を防ぐことが一番です。誤嚥を防ぐためには、嚥下状態を正しく評価する必要があります。しっかりとした嚥下評価を行うためには嚥下造影検査(以下VF)が最も有効だと言われています。しかし、施設や訪問リハビリなどVFが出来ない場合も多く、実際の臨床場面ではVFなしに評価を求められることも多いのではないでしょうか。スクリーニングテストだけで嚥下状態を評価するのは不安だと感じていませんか?VFなしでも病態の把握ができ、聴診器と少しの水分、食物があればいつでもどこでも簡便に出来る評価方法として頚部聴診法があります。嚥下時に咽頭部で発生する嚥下音や呼吸音を頚部から聴診することで、嚥下病態を判定するための多くの情報を得ることができる評価方法だと言われています。また、聴診時に喉頭運動など嚥下に随伴する動態を観察し、聴診音の診断と統合すればより診断精度が高まると思われます。
そこで今回のセミナーでは、①誤嚥性肺炎の発生機序、②嚥下病態の評価(頸部聴診法を中心に)、③誤嚥性肺炎の予防、④当院NSTで行っている誤嚥性肺炎予防への取り組み(黒胡椒アロマ療法)
上記の内容を中心にお話させて頂きたいと考えております。臨床場面で役に立つよう実技を中心に講義を行い、少しでも誤嚥性肺炎の予防に繋げていけたらと考えております。



2017年8月8日 (火)    19:00 ~ 21:00
テーマ:「バイタルサインの基礎とフィジカルアセスメント」

 講師:伊藤 潤平先生(喜馬病院 リハビリテーション部/理学療法士)

受付時間: 18:30 料金: 100円
会場: ウェルネス教育研修センター
講師: 伊藤 潤平先生(喜馬病院 リハビリテーション部/理学療法士)
セミナー内容:

地域包括ケアシステムの推進および医療保険から介護保険への移行や早期退院、重症者の在宅での管理、理学療法士数の増加などの背景により、訪問リハビリに従事するセラピストが増えてきており、リスク管理の重要性がより一層高まってきています。普段の臨床において、バイタルサインの評価をどこまで適切に行えているでしょうか?病棟や施設であれば、看護師など他職種が定期的に評価をしていますが、その経過をしっかりと把握した上で運動療法に取り組めているでしょうか?また、訪問であれば回数制限や複数担当などからその方のバイタルサインを知る情報が限られており、より適切な評価が必要となりますが、毎回客観的な評価と共有ができているでしょうか?その方の示すバイタルサインがもし客観的に評価出来ていないとすると、どのような経過を追っているか知る事が出来ず、急変症状があった時にその人がどうなっているのかを判断しづらくなってしまい、下手すれば状態変化に気付けず手遅れになってしまう可能性さえあると考えます。また、訪問リハビリテーションにおいて神経難病の方を担当する機会は多く、人工呼吸器を付けていたり、自律神経障害や廃用症候群の影響で起立性低血圧を呈していたりと、介入するにあたってリスク管理の重要性・客観性および判断力がより一層求められます。
今回のセミナーでは、バイタルサインとは何か、バイタルサインの基礎として測定・解釈の方法をお伝えして状態変化にいち早く気付けるようになり、より根拠に基づいたリハビリテーションが提供できるようになれば幸いです。また、今回は神経難病のリハとしても関わることの多い、パーキンソン病患者様の起立性低血圧症状に焦点を置き、事例検討を通して一緒に考えていけたらと思います。



2017年8月22日 (火)    19:00 ~ 21:00
テーマ:「脳の病態を考えるための神経連絡と栄養血管」

 講師:川島 康裕先生(喜馬病院リハビリテーション部)

受付時間: 18:30 料金: 100円
会場: ウェルネス教育研修センター
講師: 川島 康裕先生(喜馬病院リハビリテーション部)
セミナー内容:

脳のMRIやCTを読む上で、そのスライスに映る組織の機能解剖を知ることは非常に重要になります。しかし臨床ではそのスライスだけでは説明できない病態がみられることも多々あります。それは各組織をつなぐ神経連絡に問題があり、様々な病態が出現している可能性が高いのです。
全てを網羅することは難しいですが、脳には上縦束や脳梁のような神経線維の束があり、それを理解するだけでも十分に評価・治療の手助けとなります。
また、脳卒中は塞栓による脳実質の壊死が生じる脳梗塞と血管が破れ血腫により頭蓋内圧が亢進し脳実質がダメージを受ける脳出血がありますが、どちらも損傷組織に血液供給する栄養血管を知ることが重要です。
最も損傷を受けた組織と同じ栄養血管で支配されている領域にはペナンブラが生じる可能性は高くなり、隣り合う組織でも栄養血管が異なれば脳梗塞の所見が画像で見られたとしても隣接する組織の病態が生じないことがあります。
これらは画像上から判断することが可能であり、予後予測にも非常に影響を与えます。
今回の講義では
①拡散テンソル画像を用いながら神経連絡の理解を深めること
②栄養血管を知り、どこまで損傷が広がる可能性があるかを予測することを中心に展開していきます。
過去に紹介した画像を読み解く方法を踏まえながら、さらに深く臨床考察ができる一助になればと考えます。



バナースペース

shop info研修事業情報

夜間セミナーについて


平日の夜間(18時~21時頃)に行うセミナーになります。
休日開催のセミナーはコチラからご覧ください。

shop info研修事業情報

ウェルネス教育研修センター

株式会社 三輪 研修事業部
〒578-0941
大阪府東大阪市岩田町4丁目3-39
研修会場はこちらをご覧ください。

弊社 キラリ鍼灸マッサージ院内
研修事業部事務局

TEL.072-965-7788